男性

破砕という名のリサイクル【産廃の処理は細かく砕いて再利用が鉄則】

産廃物の破砕の目的

男性

産廃物とは産業廃棄物のことで、経済活動を行なっている間は必ずこの産廃物の処理を行う必要があります。特にリサイクル志向が高まっている現代ではなるべく破砕して再利用することが重要になっています。

読んでみよう

技術の進歩

不用品

暮らしの中では様々な機械や技術が利用されています。産業廃棄物の処理や工場といったところでも、実に多くの機械が利用されています。これからの発展で更に技術は進歩していく事が予想されます。

読んでみよう

細かく処理する

ゴミ

皆さんは産廃(サンパイ)場というのをご存知ですか、私たちが不用品などを処理するとき各自治体の決められた場所に決められた方法で出しておけば、収集車が取りに来てくれますが各種産業で出た不用品はその量も多く多種多様なものが入り混じっているため自治体では収集しません。これらのものは産業廃棄物としてこの産廃場に持ち込まれます。この産廃場ではこれらのものをリサイクルに向けて適正処理しています。この段階で産廃にはいろいろなものが入り混じったものが持ち込まれるため、その種類ごとに選別をしなければなりません。紙、木、プラスチック、鉄など手作業での選別が必要不可欠になってきます。この産廃には大きな品物も含まれているため重機などの機械も必要になってきます。またこのごみを細かく破砕するクラッシャーも導入しているところもあります。こうして選別、小さくなった廃棄物は最終処分場まで移動されリサイクルに回されるわけです。

産廃場というのはあくまで中間処理施設であり、最終処分場でそのゴミの種類別に処分がされます。処分しやすいように産廃場で破砕したり、種類ごとに選別したりします。 人間で選別できるものもあるのですが、大きなものは人間の手では処理できません。そこで破砕することによりそのごみを小さくして分別します。 たとえばコンクリートガラなどの大きなものは、クラッシャーにより破砕して小さくします。小さくしたのちに、コンクリートというのは必ず中に鉄筋が入っているものですから人間の手でコンクリートと鉄を選別していくわけです。そして小さくなったコンクリートは再利用するという感じになります。 このように産廃場というのはリサイクルを前提としてあるものなのです。くれぐれも不法投棄はやめましょう。

捨てることなく使える

作業員

廃油は捨てずに再利用することができます。廃油をそのまま使わずに、精製することで使うことが可能になります。また、廃油を再利用することで、社会貢献アピールも行なうことができます。多くのところで再利用しているところがあります。

読んでみよう